T+S-02

  • T+S-02
  • T+S-02
  • T+S-02
  • T+S-02

椅子のように人の体に触れる家具を「人体系家具」と呼び、デザインと設計のアプローチに、求める機能を数値的に置き換えて結び付ける『人間工学』を用いています。
この椅子の場合、座面の傾斜は約4°、背座角度は約105°。パソコン作業や食事など、活動に適した椅子でありながら、TVを観たり、読書や会話などを楽しんだりと、くつろぐための休息性を持たせました。

アームレスタイプは、重量も見た目もさらに軽やかな仕上がりに。また、座るとき、立つときに、左右への出入りも楽に行えます。離着席する機会の多い場所や用途に最適の一脚です。

スペック

樹種 : ウォールナット
デザイン : 関 洋

[T+S-02 アーム]
サイズ : W510 × D550 × H730 × SH420 / 肘高 610
座面 : ファブリック - 座バネ:ダイメトロール仕様
価格 : ¥58,000 + 税

[T+S-02 アームレス]
サイズ : W460 × D545 × H730 × SH420
座面 : ファブリック - 座バネ:ダイメトロール仕様
価格 : ¥49,000 + 税