日本の森を代表する木材、スギとヒノキをもっと活用するために。

東亜林業

日本の森林面積の大部分を占めるのは、スギやヒノキをはじめとする針葉樹です。

しかし、スギやヒノキは、強度や耐久性の側面から、木材としての活用の幅が限られ、需要も高いものではありませんでした。
日本の森と林業をもっと活性化させたい。

そんな想いから、東亜林業はスギとヒノキの価値を高める加工技術を磨き、その可能性を大きく広げています。