高熱処理

「歪みがなければ、木材はさらに使いやすい」

「高熱処理」とは、木材を高熱で処理することで吸湿性を抑え、
防腐・防蟻性能や、寸法安定性を高める技術です。
歪みが少なく寸法が変わりにくいので、床材などへの使用も可能にしました。

東亜の高熱処理

・含水率を大幅に下げる。
・防腐・防カビ・防虫効果
・違和感のない自然な色調
・薬品不使用・安全・安心

お問い合わせ・カタログ請求